都心から離れた三鷹メモリアルグランデが人気

自分の人生を振り返る

男性

終わる準備ではない活動

終活というと、自分自身の葬儀や死後事務処理のための資料作りのように考える人もいますが、それだけではない一面を持っています。相続なども含めてエンディングノートを作ったり、遺言の検討をするのも終活に含まれており、地震の情報を整理することによって様々なことを思い出す機会にもなります。手続き関係を整理する他、万が一の場合の連絡先、自分の健康状態や今後の過ごし方に関する希望などもまとめることになるからです。一度自分の人生を振り返って、これからをどのように過ごしたいのかも再検討することになるため、より人生を豊かにする可能性を秘めています。有意義な人生にするために、年齢に関わらず終活をする人が増えているのも現実でしょう。終活の方法には、個人的にエンディングノートを作成したり、自分史のような形でノートにまとめる方法もあります。相続などに関して検討する場合は、法律の専門家と相談しながら進める方もいます。その他には、終活セミナーなどで、効果的な方法を学ぶ機会も用意されているので、方法も選択肢も豊富になりました。生前にお墓を持つのは縁起が悪いといわれる一方で、自分を振り返って新しく始める意味を持つ側面から実は縁起の良いことだと知られるようになりました。終活も同じような意味合いがあるものだと捉えて良いでしょう。自分らしく充実した時間を過ごすにも大いに活用できるのが、本来の終活の価値だと考えられるようになりました。